WOWOW放映作品や最新劇場公開映画の出演者キャラを箇条書きで紹介しています。

 

『ステップ』

ステップ
結婚3年目に妻を亡くした主人公とその幼い娘が、
周囲の人々との交流の中で成長していく姿を描く
10年間の物語...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:重松清
新型コロナの影響で『弥生、三月-君を愛した30年-』から
実に4ケ月ぶりの劇場鑑賞
”スキップ”=血の繋がらない親子

武田家
健一(山田孝之)1978.8.8.生まれ
 2005年結婚3年目30歳で妻を亡くし、幼い娘を育てるシングルファーザー
 八王子在住 実家新潟(こちらの両親は登場しない)
 営業部から総務部へ異動 フレックス勤務
亡妻 朋子 2008年0月 美紀が1歳半の時、髄膜炎で亡くなる

美紀の保育園から小学校卒業までの10年間の物語
娘 美紀 2007.4.15.生まれ
 2歳(中野翠咲)めじろ台保育園すみれ組
 6〜8歳(白鳥玉季)小学校1-3年
 9〜12歳(田中里念)小学校4-6年

義父 村松明(國村隼)横浜在住 美紀引取申し出
義母 美千代(余貴美子)

義兄 良彦(角田晃広)不妊治療 美紀養子申し出
 妻 翠(片岡礼子) 健一からベビーカー貰うも使う機会なく

榎本営業部長(岩松了)健一を営業部に復帰出来るよう尽力
 昼食に誘う 客(中川大志 カメオ出演 3回)
 ①立喰いそば屋「穂のか」(2009)②鰻屋「亀とめ」(2014)③そば屋(2018)



第一章 二人がはじまる(2009.10.19.再出発)朋子の一周忌
ケロ先生(伊藤沙莉)めじろ台保育園すみれ組保育士
 「天賀、アマガエル、ケロケロ鳴く、の三段活用といいますか…」
 「ハパの抱っこは忙しい」「体温計で計っても分からないもの」
 12.18.クリスマス会

第二章 母の日(2014.5.11 授業参観日)
 原雪先生(日高七海)小学校担任 父母会に母親の絵を強要
 美紀1年3組 家族紹介で「ママは家にいる」

成瀬舞(川栄李奈)カフェ店員 劇団 役者の卵 亡き妻朋子似
 早朝の打越土入公園で遊び、母親のモデルとなる



 母の絵 頭上に天使の輪っか
 健一36歳 オヤジの意地 有給取得月3日

第三章 再会(2016.8.8.)
 岡山県津山の曾祖母宅で、西瓜割り・花火・灯篭流し
 健一38歳 美紀小学3年生 自転車乗る めじろ台保育園移転
 バトンリレー練習 親友 池ちゃん



第四章 ガター(2018.10.)
健一・義父・義兄男3人でボウリング
 健一40歳 朋子没後・総務異動後10年
 営業開発部プロジェクトリーダーとして復帰
 榎本営業部長 子会社の重役に転出
 義父”鬼の村松”70歳超え 創永グローバル定年退職
 義兄夫婦 不妊治療断念

斎藤奈々恵(広末涼子)広告代理店からのプロジェクトに出向
 健一と奈々恵交際 美紀と引き会せるが失敗 奈々恵死産経験
 拒否反応:食事を戻し、発熱38.5℃ 中学は義母宅から横浜希望

第五章 新しい朝(2019)
義父母夫妻でボケ防止に英語習う ホストファミリー受け入れ準備
 「子供が苦しい時は親も苦しい。息子夫婦には子供が出来ないし、
 娘 朋子は早死だ。人生はリフォームすれば良いんだ。
 血が繋がっていなくても、俺の息子だ。ステップファーザーだよ」

 美紀 6年3組 健一は早朝、奈々恵を食事に招待
 美紀は部屋に引き籠るが、トイレに出て来て、半熟を要望
 義父 ボウリング中に倒れ、入院

最終章 卒業(2020)
 美紀 卒業式 謝恩式(2020.3.23.)
 お知らせの手紙 お見舞い雪うさぎ作る
 朋子への伝言 奈々恵へ「朋子の分まで生きてくれ」

【 管理人のひとこと 】
3子役では白鳥玉季、保育士役伊藤沙莉
義父役國村隼が圧倒的存在感を見せる。



健一の会社は何の会社なんだろう!?
プロジェクト「家庭」とは、命のある場所、変わり続ける場所 ”笑顔工場”
配役が判れば...
写真の亡妻朋子・岡山県の曾祖母・村松が入院した病院の看護師
関連記事
【同カテゴリページ送り 【邦画】 [サ行] 【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年12月03日(木)22:22:37
コメント・トラックバック欄はクリックで開閉致します。
 ■ コメント投稿

Leave a comment

 ■ コメント一覧 0 件

Comment 0

There are no comments yet.
 ■ トラックバック一覧 1 件

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 「ステップ」
  • 山田孝之がズルイ程「普通の父親」を演じている、と評判の作品。あれだけ顔面偏差値が高ければ、それは「普通」でも何でもないのだが。と、ちょっと斜めな入り方をしてしまった。でも、粗探しをしつつ斜めに観るような作品ではない。良い作品である。珠玉の、とまでは行かずとも、「普通」に良い作品である。娘が1歳過ぎた位の時に、妻を亡くしてしまった男の子育て(=人生)奮戦記。彼は、会社の制度や保育園の力を借りな...
  • 2020.08.25 (Tue) 09:35 | ここなつ映画レビュー

【更新順ページ送り】