『虐待の証明』

虐待の証明
子どもの頃に母親から虐待を受け
捨てられた女性が同じ境遇の少女と出会い、
彼女を守る為に奔走する...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:Miss Baek
ペク・サンア”ミス・ペク”(ハン・ジミン)
 レイプ事件に巻き込まれた際に、犯人(キム・デイン)の父親がソチャン建設という
  企業の大株主で、義兄が判事だった為、逆に服役する事に。前科 懲役6年2007年出所
 マッサージ店勤務 洗車バイト掛け持ち
  女店主(イ・ジョンウン)同僚ユ・ジャンミ(イ・ジュヨン)
 母チョン・ミョンスク(チャン・ヨンナム 特別出演 『メタモルフォーゼ/変身』他)
  夫の死後鬱病・アルコール依存 虐待・養育放棄
  8年前ポストに通帳と印鑑投函 生活保護 孤独死

チャン・ソプ(イ・ヒジュン)中部署刑事 ペクにプロポーズ
 姉チャン・フナム(キム・ソニョン)バツイチ どじょう汁店ユソン経営

キム・ジウン(9)(キム・シア)虐待を受ける女の子
父キム・イルゴン(ペク・スジャン)ゲームオタク
 自分も親の虐待を受けていた、「こんな父親の子に大した人生は送れない」
内縁の妻チュ・ミギョン(クォン・ソヒョン)マッサージ店客
 犬ジョイ

ミス・ペクとチュ・ミギョンの取っ組み合い

高熱があったジウンは大丈夫だったのかな(笑)

ペクがジウン保護
1年後 ジウンはフナム宅に引取 チャン・ソプと面倒を見る
3年間虐待 殺人未遂座
イルゴン懲役10年 ミギョン懲役15年

【 管理人のひとこと 】
実話の映画化 虐待の連鎖を描く
ミス・ペク役のハン・ジミンは、高畑充希+『ひとよ 一夜』の松岡茉優似
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2020年07月28日(火)03:44:29
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment