cinema-days 映画な日々

『ジョーカー』

2020/08/04
ホアキン・フェニックス ロバート・デ=ニーロ
ジョーカー
コメディアンを夢見る孤独だが心優しき男が、
やがて狂気溢れる悪のカリスマに変貌していく姿を描く...

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Joker
舞台:1981年 犯罪が多発する大都会ゴッサムシティ

アーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)
 コメディアンを夢見るピエロメイクの大道芸人
 持病:突然笑い出してしまうという心の病(告知カード携帯)
 薬7種類服用
母 ペニー・フレック(フランセス・コンロイ)病床 認知症・虚言癖
 ウェインの30年前の元使用人 アーサーは養子
ソフィー・デュモンド(ザジー・ビーツ)アパート同階の隣人
 娘ジジ

アーサーはソフィとの付き合いを妄想


ピエロ派遣会社
社長ホイト
同僚ランドル(グレン・フレシュラー)護身用に拳銃くれる
小人症ゲイリー(リー・ギル)

トーマス・ウェイン(ブレット・カレン)大富豪 と市長選立候補
 息子ブルース(ダンテ・ペレイラ=オルソン)後年のバットマン
 執事アルフレッド・ペニーワース(ダグラス・ホッジ)  
マレー・フランクリン(ロバート・デ=ニーロ)人気TV番組の司会者

市警刑事
ギャリティ(ビル・キャンプ)
バーク(シェー・ウィガム)地下鉄で民間人を誤射

廃業楽器店のプラカード盗まれる
ランドルから拳銃貰う 小児科で拳銃落としクビ
地下鉄で女性客をからかうビジネスマン3人を射殺
市のカウンセリング 予算削減で打ち切り
ウェインに面会拒否られる 母を枕で窒息死させる
口止めに来たランドルを鋏で刺し殴殺
TV番組に招待される 番組中、司会者射殺

【 管理人のひとこと 】
本当の悪は、笑顔の中にある。
第92回米アカデミー賞で主演男優賞と作曲賞を獲得
一人の男が悪のカリスマに変貌する狂気の傑作
20kg以上減量したホアキンがデ=ニーロを射殺する衝撃の展開!!!
【スポンサーリンク】
【洋画】[サ行]
関連記事
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
     シェアする


同カテゴリ  【洋画】[サ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form
コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook