cinema-days 映画な日々

『いなくなれ、群青』

2020/08/06
横浜流星 飯豊まりえ
いなくなれ、群青~ [DVD]
いなくなれ、群青
ある日突然“階段島”にやって来た七草。
そこは捨てられた人たちの島で、島を出るには
失くした物を見付けなければならない。
そこで彼は幼馴染みの真辺由宇と再会する...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原作:河野裕

【スポンサーリンク】
舞台:謎の孤島”階段島” 人口2,000人 捨てられた人たち
失くしたものを見付ける事で出られる
インターネットは情報を受け取るだけ 郵便・ボートも脱出不可

柏原第二高等学校
担任トクメ先生(伊藤ゆみ)
管理人ハル(岩井拳士朗)
「見守る楽しみ。青春ですね」

生徒
七草(横浜流星)
真辺由宇(飯豊まりえ)転校生 ピアノ
「他人に合わせてばかりだと、自分で出来る事が判らなくなる」
「嘘は見破られた方が楽だ」
水谷(松本妃代)委員長
「思いやりは相手の価値観で物事を考える事」
堀(矢作穂香)
佐々岡(松岡広大)いつもヘッドホン
ナド(黒羽麻璃央 『広告会社、男子寮のおかずくん』)屋上でさぼる
豊川(中村里帆)中等部 バイオリン 弦切れる

郵便局員 時任(片山萌美 『』)
タクシー運転手 野中(君沢ユウキ)

真辺由宇役飯豊まりえ時任役片山萌美

プロローグ
七草と真辺は幼馴染み

第一章 真辺由宇
真っ直ぐな理想主義者
この島に来た前の3ヶ月間の記憶がない

第二章 魔女
島を管理 魔女の館 階段の上 誰も階段を使わない
灯台にある遺失物係 タクシーで行く

第三章 落書き(三回)
「魔女は、この島に過去ばかりを閉じ込めた。未来はどこにあるの?」
星と拳銃(ピストルスター)
「君たちは鏡の中にいる。君たちはなんだ?」
「失くしたものはすぐ近くにある。失くしたものとはなんだ?」

第四章 傷跡
私たちは、必ず、また出会う。
今度また会った時はその理由を聞かせると約束
2年前の約束反故「何も約束などしていない」

第五章 告白
豊川の切れた弦 人前で弾く事が怖くなり、自ら弦を切る
佐々岡が弦を調達 届ける
途中で演奏を辞めた豊川を真辺がピアノでアシスト
豊川が消える

第六章 交渉
灯台のピンクの公衆電話の問い「僕は何も失くしてはいない」
魔女は要らなくなった人格を島に捨てる=人格の一部を切り取る
七草の場合は悲観的性格が島に捨てられた
島の七草が失くしたもの→理想主義的な生き方=真辺の生き方

真辺を元の世界に戻したい
「階段を上りなさい」「全ては階段で見付かる」

最終章 約束
真辺が引っ越す際に七草が笑った理由=真辺と離れられて安心した
霧の中「サヨナラ」 真辺消失

エピローグ
「愛を避けて歩きたがっているみたいだ」
七草と真辺 再会 手を繋ぐ

章ごとの展開参考サイト:映画『いなくなれ、群青』ネタバレあらすじと感想考察!

『いなくなれ、群青』

【 管理人のひとこと 】
堀の役割が判り難かった 「真辺は危険」と警告
ボートで脱出を試み失敗した真辺を救助
七草が好きで真辺に嫉妬!?
郵便局員やタクシー運転手は、魔女のしもべか
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[ア行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[ア行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook