cinema-days 映画な日々

『ラスト・ムービースター』

2020/09/08
バート・レイノルズ
ラスト・ムービースター
往年の人気ハリウッドスターの元に、ある映画祭から
功労賞受賞の招待状が届く。映画祭が行われていた場所は、
彼が生まれ育った街ノックスビルに近くだった...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:The Last Movie Star(Dog Years)

【スポンサーリンク】
舞台:テネシー州ノックスビル

ヴィック・エドワーズ(バート・レイノルズ)往年のハリウッドスター
 本名マーティ・シュルマン ユダヤ人 結婚歴5回
 ハリウッドの友人 ソニー(チェビー・チェイス)
「今の状況に感謝しなさい。あっと言う間に時は君を追い越して行く」

第5回国際ナッシュビル映画祭 特別功労賞招待
主催者ダグ・マクドゥーガル(クラーク・デューク)
 恋人フェイス・フォン・オーサイ(ニッキー・ブロンスキー)SNS担当
 相棒シェーン・マカヴォイ(エラー・コルトレーン)リルに好意
 映画監督スチュアート (アル・ジャリール・ノックス)
妹リル(アリエル・ウィンター)アシスタント兼運転手
 イラストレーター志望 デスノート風作品!?
 彼氏ビヨルン(ジャストン・ストリート)-浮気ゾーイ・キャンベル

ノックスビル-ヴィックが生まれ育った街
 ナッシュビルから車で3時間
訪問先
・ 昔住んでいた家 ・ 会堂 ・ ビリヤード場
・ ニーランド・スタジアム アメフト
・ 最初の妻クラウディア(キャスリーン・ノーラン)にプロポーズした岸辺
  アルツハイマー発症 娘グレース自殺
・ 老人ホーム 面会時間が過ぎ翌日に
・ グランドホテル スイートルームに宿泊 結婚式に飛び入り出演

【 管理人のひとこと 】
2018.9.6.に亡くなったバート・レイノルズの最後の主演作
『トランザム7000』『脱出』のバート・レイノルズとヴィック・エドワーズがVFX技術により共演



管理人世代は、マネーメイキング・スターだった彼のアクション映画を沢山見て来た。
クリント・イーストウッドとガチの共演作『シティヒート』(1984年)が
劇場で観た最後の作品だったかもしれない。
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[ラ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[ラ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook