cinema-days 映画な日々

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

2021/01/23
ティモシー・シャラメ エル・ファニング セレーナ・ゴメス
レイニーデイ・イン・ニューヨーク
学生記者がマンハッタンで著名映画監督に取材。
デートを計画していた彼氏はプランが狂い...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:A Rainy Day in New York

【スポンサーリンク】
舞台:ニューヨーク・マンハッタン

ヤードレー大学
ギャツビー・ウェルズ(ティモシー・シャラメ)大学生ギャンブラー
 兄の代わりにポーカー参加15,000ドル儲け
 母(チェリー・ジョーンズ)文学パーティ主催 元娼婦
 兄ハンター(ウィル・ロジャース)
  婚約者リリー(アナリー・アシュフォード )の笑い声に萎える

地元マンハッタン
トロラー(ベン・ウォーハイト)高校時代の旧友
ジョシュ・ルーミス(グリフィン・ニューマン)NY大学短編映画撮影
 エキストラ参加
別れた恋人エミリーの妹チャン・タイレル(セレーナ・ゴメス)
バーの女 テリー・フォード(ケリー・ロールバッハ)娼婦
 5,000ドルで母親のパーティに同伴



アシュレー・エンライト(21)(エル・ファニング)
 父 アリゾナの銀行経営者
 ヤードレー・アーガス紙記者としてマンハッタンで取材

映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)取材
 「冬の思い出」「月光」 新作試写”実存的な失敗作”
 「最高傑作は、これからだ!!」
脚本家テッド・ダヴィドフ(ジュード・ロウ)
 妻コニー(レベッカ・ホール)親友ラリー・リプレッツと不倫疑惑
スター男優フランシスコ・ヴェガ(ディエゴ・ルナ)浮気性
 恋人ティファニー・グリフィン(スキ・ウォーターハウス)2日間撮影早めに帰宅



【 管理人のひとこと 】
ウディ・アレン監督作品としては親しみ易かった。#MeToo運動の煽りで全米未公開。
脚本家テッド役がジュード・ロウとは、髪が多くて気付かなかった(笑)
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[ラ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[ラ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook