cinema-days 映画な日々

『スウィング・キッズ(2018年版)』

2021/02/06
【洋画】[サ行] 0
パク・ヘス ジャレッド・グライムズ
スウィング・キッズ~ [DVD]
スウィング・キッズ
新たに赴任した所長は、戦争捕虜たちによる
ダンスチーム結成プロジェクトを計画するが、
寄せ集めのチームは前途多難で...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:Swing Kids
舞台:1951年(朝鮮戦争当時)最大規模の巨済(ルビ:コジェ)捕虜収容所

ロバーツ所長(ロス・ケトル)
記者対策の為、クリスマス公演許可
 下男サムシク(ソン・ジェリュン)アカ大佐
 衛兵ジェイミー(A.J.シモンズ)ギスと対立

米軍下士官ジャクソン(ジャレッド・グライムズ)
 ブロードウェイの元タップダンサー 沖縄赴任を希望
ダンスチーム「スウィング・キッズ」結成
ロ・ギス(D.O.)収容所一番のトラブルメーカー
 兄ロ・ギジン(キム・ドンゴン)戦火の英雄
 グァングク(イ・デビッド)右手足亡くした捕虜
 マンチョル(パク・ジンジュ)家族の為、裏切る
 少年ファン・ギドン(イ・ユルリン)
ヤン・パンネ(パク・ヘス)4ケ国語通訳
 慰安婦リンダ(パク・ジンジュ
カン・ビョンサム(オ・ジョンセ)生き別れた妻 梅花(チュ・ヘウン)探す
シャオパン(キム・ミノ)栄養失調の中国軍人

クリスマス公演 「クソ・イデオロギー」成功
終了後、ギス独演 ギシンが銃乱射
ロバーツ命令 黄色人皆殺し
 3人(ヤン・パンネ、カン・ビョンサム、シャオパン)射殺
 ギス 両足撃たれる 後年、遺跡公園訪問

スウィング・キッズの面々

【 管理人のひとこと 】
カン・ビョンサム役オ・ジョンセが大泉洋に似ていましたね
兄ロ・ギジンは長身

タップシーンは、水谷豊監督の『TAP -THE LAST SHOW-』の方が見応えがあった
終盤のギスとジャクソンの共演にグレゴリー・ハインズ主演の
『ホワイトナイツ/白夜』(1985年)を思い出した
【スポンサーリンク】
関連記事
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
     シェアする


同カテゴリ  【洋画】[サ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form
コメントは承認制です。装飾バーは利用できません。
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on Twitter
cinemadays on Facebook