cinema-days 映画な日々

伴 一彦 著 『人生脚本』

2021/03/07
伴一彦
人生脚本(光文社)
人生脚本
【単行本】
ひとり息子を亡くした事をきっかけに、家庭内別居状態の
早紀と信夫。ある夜、信夫が山間で起こった列車転落事故に
巻き込まれたという連絡が入る...

脚本家 伴一彦の25年ぶりの書き下ろし作品
推薦文:中江有里 中村雅俊

【スポンサーリンク】
列車の脱線事故
中央本線十二兼駅~野尻駅 土砂崩れ
ワイドビューしなの号25号 先頭2両 死者42名 P39 P166
長野県警生活安全課 田中 P45 南木曽で身元確認依頼 P55

篠山良平 ライター 早紀・信夫と同級

和歌山刑務所面会 2018.11.10.
飯塚芳江(34)元薬剤師 懲役17年 殺害動機確認 P4 P214
 夫 悟(36) 長距離運転手に転職 殺害 遺体解体 P5
 ジャーナリスト結城勇と獄中結婚 P212
  後妻業の女吉田真奈美(資産家4人殺し)と別れ P213
  著『人生脚本~夫の死体を切り刻んだ女 飯塚芳江の真実』p264
予見「あなたも人を殺すわよ」 P9 P188 P248
同期「私の人生の脚本を勝手に書き換えたから」 P214

ビストロ ラパン 目黒銀座商店街 P34
オーナー 笹森 シェフ井上
ソムリエ 根岸(30半)
調理見習い 佳奈(29) 年内に独立計画 P191
 渋谷のガールズバーでバイト 母 脳溢血 P97
 早紀と共同経営「ボンボンズ・カナ」オープン 2019.12.20. P264

客 望月 予約日1日勘違い 友人大塚 P20
 内藤 キャバクラで佳奈に会う P95
 ひとみ 国重物産OB P216

須藤早紀 ラパン勤務2年
 夫 須藤信夫 国重物産生鮮食品部門畜産部第二課課長 P128
  S58.7.1.生まれ 175cm 71kg SNSにアップ P223
  母 痴呆症 中津川の長寿園入所 P22 P44
  浮気(ひとみの思い込み P252) 部下 星野=ひとみ P48 P146
  早紀 手首切る P52 P79
  遺体の左肘の傷確認 P59 遺骨からDNA鑑定 手元供養 p162 鑑定不能 P181
  南木曽駅下車 タクシー→花見温泉郷 爽風荘 P200
  信夫とひとみが泊まった旅館 爽風荘 P172 P196
  5ケ月間逃走:名古屋・京都・大阪・札幌 P201 引き籠り生活DV
  小樽で山岡殺害のナイフ処分 P243
  群馬県高崎 四万川ダム P235

  保険金3千万→8千万 P89 佳奈の嫁に出資 P193
  ビジネスホテルの荷物 支配人 石川 担当 村越(30) P108 P144
 息子 健太 誕生日交通事故死 P29 8F住人靖子 P28
 「お前が手を離さなければ....」 P46

大学時代
松島教授ゼミ シェークスピア P64
篠山 文芸雑誌新人賞受賞 P69 エロ雑誌投稿 P75
早紀-信夫と付き合う P72
関西の企業に就職 5年後結婚 P75

遺族 須藤千帆 P104 P153
 息子 太郎(5)
 夫 スリ 信夫の財布スル P57 P156 P200 P244
 遺体見付からず P103 信夫の遺体=千帆の夫
 再婚 貿易会社社長 P176

山岡武志(40)和菓子屋「いちょう庵」4代目 P112
 ひとみ探しに偏執的
  ①体育館 P60 ②南木曽署 P110 ③大衆居酒屋→ビジネスホテル P130 P151
  ④SNS利用 札幌のスーパー P185 P203
 妻 見合い ひとみ(旧姓星野) P116 P208
 家出 ① 十勝の実家 P120
  ② 1週間後、親友 長崎優子 P115 P123
  ③ 蔵から脱走 100万円引き出し P112 信夫に連絡 P199
   GPSアプリで追跡 P114 嫁ぎ先に戻る P190
 ひとみ 信夫を探し、早紀宅を襲う P249

[まとめ]
千帆の夫 信夫の財布をスリ 信夫として見付かる P244
信夫 ひとみを追って来た武志を殺害!? P204 実はひとみが殺害 P243
篠山 早紀と一緒になる為、邪魔な信夫をスパナで殴殺 P248
 早紀と乱闘中のひとみをスパナで殴打
 ひとみが篠山を包丁で滅多刺し P256
死んだと思われた信夫 奥四万湖で見付かり、一命を取り留める P261
 右半身不随 リハビリ P265

【 管理人のひとこと 】
登場人物の苗字を伏せて、関係性をはぐらかす 星野=ひとみ(星野→山岡) P146
「手を離さなければ・・・」お前も死んでたって、受け取るかぁ? 普通 P90 P245
ビジネスホテル 捨てられたひとみのスマホ 簡単に篠山に渡していいの?? P149

人生の脚本書き直し 主人公が殺人者に
これも最初から決まっていた脚本かもね。。。
最後はスプラッタームービー的展開に

【推薦文】
中江有里
人生が「脚本」だとしたら、どんな「脚本」を望むだろう。
こんなにダークで毒の強い人生でないことを祈りつつ、本書の面白さにほくそ笑んだ。

中江有里  yuri nakaeさんはTwitterを使っています

中江有里 yuri nakaeさんはTwitterを使っています

“「パパはニュースキャスター」「君の瞳に恋してる!」など、わたしが夢中になったTVドラマを数々生み出した脚本家、伴一彦さん初のミステリー『人生脚本』(光文社)にコメントを寄せました。
ドラマと違うダークな作品世界。中村雅俊さんのコメントに頷かされます。”

中村雅俊
よくぞここまでのストーリーを!!面白過ぎて人に話せない!話したくない!!
脚本家 伴一彦は、ここにはいない!!

 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【読書】[伴_一彦]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook