cinema-days 映画な日々

奥田 英朗 著 『マドンナ』

2005/02/25
【読書】[奥田英朗] 0
奥田英朗
マドンナ
マドンナ
【単行本】
42歳の課長さん、17歳年下のキャリアガールに恋をする。
おたくの職場、どうよ?ユーモアとリアリティ。新オフィス小説。
イン・ザ・プール』に次ぐ第128回直木賞候補作品
《 各編紹介 》
「マドンナ」
 営業三課課長・荻野春彦(42) VS 山口(28)”三課のホープ”
 部下・倉田知美(25)-海外事業部の幹部候補
「ダンス」
 営業四課課長・田中芳雄(46) 上司・飯島部長
 息子・俊輔ダンサー志望
 五課長・浅野 自分流を貫く
「総務は女房」
 総務部四課課長・恩蔵博史(44) 癒着廃止
 購買部 松田商店
「ボス」
 部次長・田島茂徳(44) VS 上司・浜名陽子新任部長
 部内改革 禁煙・ノー残業デー・酒の接待禁止等
「パティオ」
 営業推進部第一課課長・鈴木信久(45)
 妻・順子 父 家庭菜園ビニールハウス
 ”おひょいさん”久保田(76)元商社マン

「伊良部シリーズ」も良いが、世代の所為もあるが、
私はこっちの方が好きだ。特に「パティオ」が素晴らしい。

《 PickupWord 》
「アローンとロンリーは似て非なるものだ。」
【スポンサーリンク】
関連記事
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
     シェアする


同カテゴリ  【読書】[奥田英朗]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form
コメントは承認制です。装飾バーは利用できません。
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on Twitter
cinemadays on Facebook