cinema-days 映画な日々

名古屋芸術大学 卒業制作展(第49回)続報

2022/02/26
名古屋芸術大学 卒業制作展
先週に続き、名古屋芸術大学の第49回卒業制作展に行って来ました。
会期:2022年2月18日(金)〜2月27日(日) 愈々明日まで
会場の展示物は「WEB卒展2021」(3Dウォークスルー)でも確認できます。

地元紙で紹介(2022.2.25.)
中日新聞
【スポンサーリンク】
作品の追加紹介

日比野廉 「奇譚転性心的カタルシス」 H棟屋外
日比野廉「奇譚転性心的カタルシス」

竹内竜也 「羽化」 H棟の前にあった作品
竹内竜也「羽化」

清水菜月 「水鞠の憶いみずまりのおもい 食堂はなれ
清水菜月「水鞠の憶い」
同氏の作品は、A棟のギャラリーにもあった「泡沫の記し」

[蛇足1]
①G105 平山亮太「反復の振る舞い」
今回、拍子木を触ろうとしたら、止められた(前回、他の人はOKだったのに)
②U101 友安翔矢「温泉キット~家族をつなぐ~」
排水をどうするのかと思ったら、ベランダの排水溝から流せますとの事だった

[蛇足2]展示について聞いてみた(体育館・U101にて)
①制作費用は全て自前なんだって!!
展示スペースの確保も、原則、授業で使用している所を使用するそうです

作品としては、こんなの!?というものから、大層大掛かりなものもありますが、
全部自前なら、それも納得

そんな中で、X棟303 木村花音「生活と創作の呼応」(写真撮影不可)は
在学中、ずっと創作されてきたんだなぁという真摯な姿勢が感じられました
Soich(ソーイッヒ) 絵文字

②G102 加藤隼一「わたしごと映画館」
映画感サイトとしては興味があり、ご本人にお話しを伺いました
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【ライフ】[催事]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【ライフ】[催事]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook