cinema-days 映画な日々

『GO』

2022/05/14
【邦画】[英数行] 0
窪塚洋介 柴咲コウ
GO~ [DVD]
GO
国籍・民族などの壁を飛び越え、自分に目覚めていく
在日朝鮮人少年を描いた傑作青春映画

個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:金城一紀の直木賞受賞作品
第25回日本アカデミー賞8部門受賞

杉原(窪塚洋介)在日朝鮮人”クルパー” 本名:リー(李)・ジョンホ
 「これは僕の恋愛に関する物語だ」
 父 秀吉(山崎努)パチンコ換金場勤務
 ボクシング教える 腕の範囲外から奪い取る
  弟テヒョン 北朝鮮で死んだと連絡
 母 道子(大竹しのぶ)焼き肉店勤務

親友 正一(ジョンイル)(細山田隆人)最もリスペクトする人物
 落語・シェイクスピア進める
 「名前ってなに?バラと呼んでいる花を別の名前にしてみても、
 美しい香りはそのまま」(ロミオとジュリエット)
 「マルコムXは言った。『私は自衛の為の暴力を暴力とは呼ばない。知性と呼ぶ』」
 ホームでチマチョゴリの少女(水川あさみ)を助け、喉刺され死す
 母(姿晴香)
タワケ(山本太郎)先輩 スーパーグレードチキンレース
元秀(新井浩文)「めっちゃウンコしてぇ」
加藤(村田充)
 父(上田耕一)ヤクザ
金先生(塩見三省)「総括」担当(日本語禁止)

恋人 桜井椿(柴咲コウ)バスケの杉原を見掛ける
好きな映画「フェリーニの道」「シャイニング」「恋愛小説家」「燃えよドラゴン」

杉原と桜井

×流れ星を男子と2人で見る ×クリスマスイヴに雪
 父(北見敏之)クラッシック好き・朝鮮・韓国人嫌い
 「パパがね、中国人や韓国人とは絶対に付き合っちゃいけないって言うの。
 彼らは血が汚いって言うの」
 母(銀粉蝶)姉(高木りな)
里香(伴杏里)

巡査(萩原聖人)缶コーヒー奢られる
「外国人登録証を持ってなかった、一年以下の懲役若しくは20万円以下の罰金」
タクシー運転手(大杉漣)杉原父子の試合見届ける
落語家「桂きん朝」(温水洋一)
【スポンサーリンク】
関連記事
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
     シェアする


同カテゴリ  【邦画】[英数行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form
コメントは承認制です。装飾バーは利用できません。
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on Twitter
cinemadays on Facebook