『もしも昨日が選べたら』

人生を自在に操れる万能リモコンを手に入れた
主人公の顛末は・・・・・。

個人評価:★★☆ (2.5P)】  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)

 原題:Click
アダム・サンドラーとケイト・ベッキンセールが夫婦役。
日本では集客力が弱いと見たか、あまり宣伝もなく、
当地では、1日3回上映。因みにレイトショーの観客は8人だった。

クリストファー・ウォーケン 奥まった別室で何やら胡散臭い製品を
取り扱っていると思ったら・・・・・
最初は親切で善人そうだが、実は「死の天使」

ジャンクフード漬けの主人公マイケルは10年後
「ナッティプロフェッサー」「ビック・ママス・ハウス」状態に。

ケイトの再婚相手ビルとは、最初誰の事か判らなかったが
息子ベンの水泳コーチだった。

娘サマンサの27歳役
ケイティ・キャシディに注目。
96時間』にも出演

【 アダム・サンドラー出演作品 】
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2017年08月17日(木)01:01:15
ブログパーツ

Comment 1

There are no comments yet.

Hiro  

>hiralynさん

TB有難う御座いました。
人生を操るほどの大それた内容じゃなくても、
奥さんとの関係を中心にコメディタッチで描いた方が
面白かった気がする。
[ブルース・リー]

2006/10/04 (Wed) 06:27

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ★「もしも昨日が選べたら」
  • 新規オープンの109シネマズ川崎に行ったついでに、もう1本見てきちゃいました。1本目は「記憶の棘」。それにしても、いつも行く「チネチッタ」と違って、2本見ても、駐車場の2時間無料券は一枚しかくれませんでした。ケチッ。
  • 2006.10.04 (Wed) 02:14 | ひらりん的映画ブログ