cinema-days 映画な日々

北方 謙三 著 『旅のいろ』

2006/10/02
北方謙三
旅のいろ
旅のいろ
【単行本】
北方謙三の官能ハードボイルド
第一章 風のしるべ
第二章 薔薇の色
第三章 水の畔り
第四章 散る花
第五章 闇の中の雨
第六章 樹海
第七章 沼の深さ
第八章 虹の色=死ぬ30分前の色

【スポンサーリンク】
《 登場人物 》
風間雄二(42)弁護士 写真ライカ3
 事務所 佐野亘(28) 成田明美
 調査員 川田
依頼人
新藤冬美(42)不動産業 レッドフェイス
平野聖子(34)
 元夫 来島康助
 長岡(73)大東亜重機
 上村圭太 映画監督『風の街』『時の鏡』『氷の炎』
 中井君夫 創作料理「九城軒」
 片瀬牧江 宗教法人

《 PickupWord 》
「写真を見るたびに、街の嘘が見える。人の嘘も見える。
真を写すと書くが、真と写の間に、さまざまな嘘があるのが、写真というものだ。」
「予算が、途中で消えたアクシデントならまだしも、
予算オーバーというのは、金を馬鹿にしているとしか思えんな」
「それがなんだったんだって、不意に思えるようになったんです。
自分の実力以上に、頑張ろうとしたのだと思います。」
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【読書】[北方謙三]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【読書】[北方謙三]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook