『ワールド・トレード・センター』

ワールド・トレード・センター
2001.9.11.の惨劇から救出された二人の警官の物語。

個人評価:★★★ (3.0P)】 『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)

原題:World Trade Center
世界貿易センターの惨状をどのように描くかに関心があったのですが
”生き埋め”という形で肩透かし。
監督がオリバー・ストーンという事で、もっとオシの強い映画かと危惧していましたが杞憂でした。

ウィル・ヒメノ
 自分の脚を切断してでも、一刻でも早く班長の救出を要請した
 場面が恰好良い。

「芸能ネタ」
  『G.I.ジェーン』のデミ・ムーア
  TV刑事ドラマ『スタスキー&ハッチ』
関連記事
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年09月11日(火)05:02:49
ブログパーツ

Comment 2

There are no comments yet.

ひらりん  

トラバ・コメントありがとうございます

ひらりんは、消防署員の話かと思ったら・・・
警察官の話でした。
予告編何度も見てて、超勘違いしてたんですっ。

2006/10/16 (Mon) 03:36

Hiro  

>hiralynさん

CM、TB有難う御座いました。
地上部分は予告編だけ・・・
あとは残された家族と瓦礫の山
惨劇の描き方としては特撮に費用を掛けず
ヒューマンドラマに仕上げた手腕は見事です。
[淀川長治]

2006/10/16 (Mon) 22:25

Leave a comment

Trackback 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ★「ワールド・トレード・センター」
  • 2006.10.07の劇場公開初日のナイトショウ(0:10~)で見てきました。川崎チネチッタの一番でかいスクリーンだったけど、夜中にしては、けっこう入ってました。主演はニコラス・ケイジ。予告で何度も見てたけど、彼だと気づいたのは、つい最近。役になりきってまーーーーす
  • 2006.10.16 (Mon) 03:36 | ひらりん的映画ブログ