cinema-days 映画な日々

『月の満ち欠け』

2022/12/16
【邦画】[タ行] 0
大泉洋 柴咲コウ 有村架純 劇場鑑賞
月の満ち欠け
月の満ち欠け
事故で愛する家族を亡くした堅。
そんな彼の前に、ある過去を持つ
哲彦という男性が現れる...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:佐藤正午

”もう一度逢いたい”と願う純粋な想いが、27年の時を超えて奇跡を起こす――

小山内堅と小山内梢 【愛し合っていた一組の夫婦】


小山内堅おさない つよし(大泉洋)
 大泉洋は、今回28歳、36歳、47歳、55歳と、4つの年齢を演じ分ける。
妻 小山内こずえ(柴咲コウ)

東京都多摩市
1980年 ジョン・レノンが殺された日(12/8)
堅と梢結婚

堅と梢挙式

1981年 瑠璃出産
「”瑠璃も玻璃も照らせば光る”の瑠璃」
=「優れた素質や才能を持つものは、何処にいても目立つという喩え」

1988年 新婚旅行で出掛けた思い出の岬に三人でドライブ(梢運転)
大学の食堂で青森弁を話す梢を見初める
経営学の講義・映画館で偶然一緒になる
実は、梢は八戸の高校時代の後輩で堅を追い掛け上京

瑠璃(幼少期:阿部久令亜)7歳 5日間の高熱(憑依)
英語の歌「リメンバー、リメンバー」口ずさむ
デュポンライターの石交換 椿の絵
レコード店ペーパームーン アキラくんを訪ねる
『アンナ・カレニナ』(1948年 題材:人妻の背徳の恋)鑑賞
 保護 警官(淵上泰史)
高校卒業まで、単独行動禁止

1999年 瑠璃(高3)の18歳誕生祝
小山内瑠璃るり(菊池日菜子)高校生
=正木瑠璃の生まれ変わり 美大志望 前世の恋人のアキラくん(=三角哲彦)の絵
「もし自分がまた生まれ変わったら、ゆいにサインを送るから、覚えてて欲しい」

堅 部長より、プロジェクトの責任者抜擢

青森県八戸市
2000年
小山内堅 株式会社八戸水産勤務
妻子事故死後、実家に戻る
母 小山内和美(丘みつ子)
介護士 荒谷清美(安藤玉恵)身重

カメラマンになった三角哲彦が来訪
「事故があった日、僕の携帯に連絡が入って
お二人は僕に会いに来る途中で事故に」
「彼女は生まれ変わる為に死んだんじゃないか」

事故から8年後 2007年12月東京
高校時代の親友 緑坂ゆい(伊藤沙莉)から連絡
 「あの絵、見つかったんですね」
 「子どもは親を選んで生まれてくる」
娘 緑坂るり(小山紗愛)=正木瑠璃の再 生まれ変わり
 7歳で高熱(憑依)体験
 堅の好きなどら焼き注文 椿の絵を描く
ゆい 瑠璃から聞いていた三角哲彦の携帯に留守電入れる
るり 「生まれ変わりは私だけとは限らないよ」

青森県八戸市
清美の娘 荒谷みずき(尾杉麻友)=梢の生まれ変わり
 堅に「お帰りなさい」×「お邪魔しています」ではなく



三角哲彦と正木瑠璃 【許されざる恋に落ちた恋人たち】


1970年代
瑠璃(有村架純)高級ライター店勤務
正木竜之介(田中圭)が見初める
「ここは自分の居場所じゃない。たまにそういう目してますよね」

竜之介 ライフプラン
25歳までに建築士の資格を取り、30歳で親父の会社を継ぎ
来年は、子どもを持つ筈が、瑠璃の不妊症(卵管閉塞)発覚
子どもに仕事を継がせる予定が「とんだ外れクジ」
でも、”離婚”はしない「君を手放す選択肢はない」
ウィスキー瓶投げ、瑠璃右鎖骨けが

1980年 雨
正木瑠璃まさき るり哲彦より年上
 高田馬場のレコード店ペーパームーンで雨宿り
 青森出身 早稲田松竹で『アンナ・カレニナ』見た帰り
三角哲彦みすみ あきひこ(目黒蓮 Snow Man)バイト大学生
 瑠璃にタオルと傘を貸す
 店長(波岡一喜)
 バイト仲間 中西(寛一郎)

哲彦と梢瑠璃

次回あった時の為、持ち歩く
哲彦 故郷の名物「いちご煮」の缶詰
瑠璃 タオル

早稲田松竹で『東京暮色』(1957年 小津安二郎監督)鑑賞
『Remember Love』(オノ・ヨーコ)を口ずさむ瑠璃を8ミリで撮影
「あの空が瑠璃色、朝でも夜でもない」

2週間の音信不通語再会・別れ
アキラ「僕は翌日、ずっと駅の前で待ってます。あなたが来るまで待っています」

竜之介 朝帰りを咎め瑠璃にDV
離婚届と結婚指輪を置いて家を出た瑠璃を追い詰める
瑠璃 高田馬場駅 踏切で人身事故死

瑠璃死後、竜之介会社倒産

1999年
竜之介 小山内の上司の紹介で堅と引き合わされる
堅を待つ高校生の娘 瑠璃が『Remember Love』を歌っているのを
竜之介が目撃

竜之介の亡妻の生まれ変わりである小山内瑠璃は竜之介を嫌悪
7歳の瑠璃がアキラくんに会いにレコード店来訪した事を知り
小山内瑠璃=亡妻の生まれ変わりと確信
学校帰りの瑠璃を待ち伏せ「君のお陰で随分予定が狂いました」

瑠璃は母 梢に事情を話し、アキラくんの処へ向かうが...
竜之介の車が背後に接近 振り切る為、交差点で急停止
対向車のトラックが激突



『月の満ち欠け』
【 人物相関図 】 (クリックで開閉)
『月の満ち欠け』人物相関図

管理人のひとこと


大泉洋と柴咲コウは劇団ひとり監督の『青天の霹靂』(2014年)で共演している。
大泉洋の”泣き”が、笑いと区別がつかないのは、私だけ!?

緑坂ゆいの「子どもは親を選んで生まれてくる」という発想は
親を選べない”親ガチャ”とは真逆ですね。
瑠璃の転生が、1度だけじゃない その執念?執着?は並みじゃない。

1980年ジョン・レノンが殺された日を起点とした邦画で思い出すのは、
エリート大学生とヤクザとの奇妙な友情を描いた
陣内孝則 柳葉敏郎 相楽晴子共演の『さらば愛しのやくざ』(1990年)
さらば愛しのやくざ~ [DVD]

【スポンサーリンク】
関連記事
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
     シェアする


同カテゴリ  【邦画】[タ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form
コメントは承認制です。装飾バーは利用できません。
更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on Twitter
cinemadays on Facebook