『地下鉄(メトロ)に乗って』 2006年10月22日(日)01:42:38

地下鉄(メトロ)に乗って
浅田次郎の原作を映画化
父親と息子関係の修復・「罪と罰」

個人評価:★★★ (3.0P)】 『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)

・堤真一は『ALWAYS 三丁目の夕日』の昭和33年に続き、
 昭和39年、21年などを体験。
・大沢たかおは破天荒な父親像だが、次回公開作
 『7月24日通りのクリスマス』に期待。
・みち子役の岡本綾は”階段落ち”ながらも儲け役。
・お時役の常盤貴子は和服姿が綺麗だが、これまでの作品と
 代わり映えがしない。
・中学の恩師・野平先生役の田中泯は先日『メゾン・ド・ヒミコ』を
 見たばかりでゲイの印象が強烈過ぎた。

タイトルはメトロに乗ってとなっているが、タイムスリップは
メトロ経由ばかりではありません。

見過ごしてしまった!!
中島ひろ子さんはどの役で出演していましたか?

主題歌『プラットホーム』 唄:Salyu

「オデオン座」の映画
『上を向いて歩こう』『キューポラのある街』『肉体の門』

息子の将来
長男:東大・学者 次男:堅い勤め人 三男:手元に置く

【 堤真一出演作品 】


【 大沢たかお出演作品 】
【スポンサーリンク】

【拍手確認】 【記事の編集】
【関連タグ】 堤真一 大沢たかお  当ブログ内の関連記事をタグで検索出来ます。
最終更新日時: 2018年01月31日(水)00:11:20ブログパーツ このページのトップへ

トラックバック [2件]


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

地下鉄に乗って

昭和度★★★  (2006・邦)浅田次郎の同名小説の完全映画版。この話は小説がめっちゃ好きだったんです。浅田次郎の中でも3本の指に入るくらいだから映画化と聞いて絶対観に行くぞ~って決めてました。そして思い余って公開初日に観てきました。初日...

『地下鉄(メトロ)に乗って』

  『地下鉄(メトロ)に乗って』 いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった――。 この映画を観た率直な感想は「大沢たかおの魅力にヤラれた!」ということ。何という存在感!なんでしょう。今まで大沢たかおをフィーチャーしていなかった

コメントの投稿 [3件]

非公開コメント

はじめまして

TBありがとうございます☆

>みきさん

CM、TB有難う御座います。
タイムスリップする回数を、もう少し絞って描いた方が
スッキリしたかも。
[フーテンの寅さん]

>たかひょ さん

TB有難う御座いました。
タイムスリップするメトロがSFぽかったですね。
[ブルース・リー]

 商品検索

 タグ [上位30件]




 カテゴリ&月別一覧
 
 最新記事紹介
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」第4弾 2018/06/19
『おとなの恋の測り方』 2018/06/18
『ウソはホントの恋のはじまり』 2018/06/17
樋口 有介 著 『平凡な革命家の食卓』 2018/06/17
『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 第6弾』 2018/06/16
『スイッチ・オフ』 2018/06/16
『バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート』 再見 2018/06/15
『喜劇 男は愛嬌』 2018/06/15
『喜劇 女は度胸』 2018/06/14
『PとJK』 2018/06/13
 週間人気記事
 Trackback
 Comment 

コメント、トラックバック大歓迎。
但し、記事と無関係と思われるものは、
削除させて頂きます。

FC2ランキング
[ ジャンルランキング ]

映画:第39位
アクセスランキングを見る>>


[ サブジャンルランキング ]

レビュー:第19位
アクセスランキングを見る>>