cinema-days 映画な日々

『こんにちは、母さん』

2023/09/02
吉永小百合 大泉洋 劇場鑑賞
こんにちは、母さん
こんにちは、母さん
大企業の人事部長として日々神経をすり減らし
家では妻との離婚問題や娘との関係に悩む男が、
久しぶりに母が暮らす下町の実家を訪れ、母の変化に気付く事に...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原作:永井愛


【スポンサーリンク】
神崎昭夫(大泉洋)大企業の人事部長
 ラジカセ思い出の曲 SAS「涙のキッス」
 木部の懲戒免職庇い、クビ→ローンが残るマンション処分、母との同居申し出
妻 知美(名塚佳織 声の出演)部屋の片付けアドバイザー TVワイドショー出演
 別居半年 他に好きな人が... 離婚届に押印
娘 舞(永野芽郁)女子大生 祖母宅に厄介に
祖母宅

山田監督より
「『舞ちゃんのおへそを、もうちょっと見せてくれよと』言われるので、人生で1番、腹筋を鍛えました」


母 神崎福江(吉永小百合)足袋屋「かんざき」 学生時代ミス隅田川
 ホームレス支援ボランティア会「ひなげしの会」のメンバー
亡き父 福江へのプロポーズ=足袋の採寸
 昭夫の就職時「これであいつも安心だ」

ミシンかけ
荻生に好意 上履きをプレゼント
「言わない。言って貰うまで待つの」
荻生転任時
「ねえ、先生。私も北海道へ連れて行って」(「冗談よ」と誤魔化す)
本心「あと5年か3年は一緒にいて欲しかった」
客 明生(立浪部屋 本人役)足袋受け取り29cm (広岡由里子)22.5cm 

会社
同期 木部富幸(宮藤官九郎)営業販売部課長 同じ大学 勤続26年
 妻 さきえ 昭夫がラブレター代筆
 息子 進学レベル落とし父親と同じ大学

飲み会
同窓会の幹事 隅田川の屋形船貸し切り案
リストラ対象 情報を聞き出そうと必死
野村部長より希望退職勧告
営業第三会議室で暴力事件!?小野寺部長の腕を扉に挟む
昭夫の尽力で、系列会社に再就職

部下 原(加藤ローサ)
 離職する神崎に「部長のほっとした顔が好きです」
上司 久保田常務(田口浩正)
 木部の懲戒解雇は役員会の決定事項

「ひなげしの会」
荻生直文(寺尾聰)向島教会牧師
 元大学の先生 フランス文学
 昭夫と銭湯で会う 裸の付き合い
デート:ピアノリサイタル ショパン ノクターン/遊覧船
 故郷 北海道知床近く別海の教会へ異動

琴子アンデション(YOU)元お嬢様
 夫スウェーデン人ミュージシャン
番場百惠(枝元萌)煎餅屋
 昭夫の幼馴染み

ホームレス
井上(イノさん)(田中泯)空き缶集め
 生活保護申請断る 1945年東京大空襲B29時、隅田川に飛び込み助かる
 荻生&福江「できてやがる」
炊き出しに並ぶ男(神戸浩)

周辺の人々
スーラタンメン出前の配達員(シルクロード フィッシャーズ)就職内定
巡査(北山雅康)イノさんの欄干飛び込み制止
区の職員(松野太紀)

[ラスト]
7月29日(昭夫の誕生日)隅田川の花火を眺める...

【 管理人のひとこと 】
山田洋次監督のデビュー作『二階の他人』(1961)から数えて90作目の監督作
「母」3部作の3作目:前二作『母べえ』(2006)『母と暮せば』(2015)
吉永小百合の123本目の映画出演で、6本目の山田組 初めての祖母役
他の山田組作品 『男はつらいよ』シリーズ3作 『おとうと』(2010)

大泉洋&加藤ローサは『シムソンズ』(2006)で共演していました。

若手頑張る でも、イノさん(田中泯)の存在感は半端ない
舞役永野芽郁原役加藤ローサ
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[カ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[カ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook