cinema-days 映画な日々

脚本家 山田太一 死去

2023/12/01
山田太一
山田太一
脚本家 山田太一が 11/29、老衰の為、死去。享年89歳。(合掌)

《代表作》
岸辺のアルバム DVD-BOX男たちの旅路 DVD全5巻セット「想い出づくり 」DVD-BOXふぞろいの林檎たち DVD-BOX

【スポンサーリンク】
恐らく、当サイトで取り上げた回数が多い脚本家のベスト1だと思う。
連続ドラマ後のスペシャルドラマは、主だったものは取り上げている(筈)

管理人は、「ふぞろいの林檎たち」世代であるが、
『男たちの旅路』は、若手俳優(水谷豊・桃井かおり・森田健作ら)目当てに視聴していたが、
脚本家として、注目しだしたのは『男たちの旅路』(車輪の一歩)(1976年)あたりからか

山田太一作品で、一番強烈だったのは、『想い出づくり。』の後
(1981年 倉本聰の『北の国から』とダブル)
※この当時、VTRデッキ(Beta)でTVドラマを録りまくっていた!!
山崎努主演の『早春スケッチブック』(1983年)である。

早春スケッチブック DVD-BOX

視聴率は低迷していたが、作品に力があった。
山田太一作品の中でも、特にイチオシの名作である。

おまえら骨の髄までありきたりだ!
沢田竜彦役山﨑努新村明美役樋口可南子
鶴見辰吾が、岩下志麻の息子役 まだ幼い。

[追悼]

中井貴一:「『私の台本は、語尾の一つまで考えて書いておりますので、一字一句変えない様に芝居をして下さい』と、ピシャリ。物腰とは裏腹に、実に辛辣にお話をされる方でも有りました。台本を通して、私に芝居というものを教えてくださっただけでなく、その台本から、人としてのあり方までも教わった様に思います。言い尽くせぬお世話になりました。
でも、もう一度、山田さんの台本で芝居がしたかった。心からご冥福を祈ります」
柳沢慎吾:「今の自分があるのは、山田太一先生との出会い「ふぞろいの林檎たち」であると感謝しております。
役者として一から学び、台本を通して人となりまで長い時間をかけて学ばせて貰ったと、年齢を重ねるたび常々痛感しています。」
高橋ひとみ:「寺山さんに『この役は素晴らしいからこれで女優としてやっていけなければ辞めなさい』と言われたことをいまも思い出します。今こうしてお仕事を続けさせていただけるのも山田太一先生のおかげです。初めていただいた年賀状に『ご自分を大切に』と書かれていました。常にこの言葉が私の中にあります」(インスタ)

 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【トピック】[訃報]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【トピック】[訃報]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook