cinema-days 映画な日々

『四月怪談』

2024/02/07
中嶋朋子 柳葉敏郎
四月怪談~ [DVD]~

四月怪談
事故死した女子高校生の霊は、
残された人々を見て命の大切さに気付く...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:大島弓子のコミック
【スポンサーリンク】
国下初子(15)(中嶋朋子)仔犬の鳴き声を聞いて入った廃工場で
 鉄骨が頭に落ち死 早とちり=実は弁当箱だった
 父 国下耕作(寺田農)
 母 国下とし子(山口果林)
葬儀社(小沢仁志!!!)

弦之丞(柳葉敏郎)幽霊「見付けられなかったもの」を探して80年
 気球船高度3500フィート墜落

初子と弦之丞

深沢教諭(水口馨)
クラス委員長 津田沼宏(新井昌和)
副委員長 沢木留美子(糸日谷朗子)津田沼に告白

友人
めぐみ(井澤奈美)
由美(鈴木愛)

隣組の変人
夏山登(角田英介)幽霊探知機(イオン測定器)製作
 幽霊が見える 仔犬引き取る
 初子のアルバム・中学の卒業文集「れんげ畑の春」(3年C組)見る
 レンゲを摘み、火葬場に持ち込み
 「また、明日学校で会おうな」

[ラスト]
初子が「アビニヨンの橋で踊ろよ」を歌いながら、
アジサイを持って、水溜まりを避けながら、土手を歩く。。。

【 管理人のひとこと 】
1988年作品(中嶋朋子 『ふたり』の2年前の作品)
当時は自宅で、通夜・葬儀を行うのも珍しくなかったんだぁ
 5/30通夜 5/31告別式
棺桶を焼き場から戻す際、母とし子が勢い余って、蠟燭立てを倒す
 その時の登(角田英介)のリアクションはマジであった
津田沼宅のオーディオセット 管理人の家にあったのと同じかも(日立製)
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[サ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[サ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook