cinema-days 映画な日々

名古屋芸術大学 卒業制作展(第51回)①

2024/02/16
名古屋芸術大学 卒業制作展
【地元ネタ】
昨年に続き、名古屋芸術大学の第51回卒業制作展に行って来ました。
今日は、開催初日です。

名古屋芸術大 卒業制作展(第50回)


会期:2024年2月16日(金) 〜 2月25日(日) 10日間
出展人数:学部学生、大学院生合わせて312人

第45回から拝見しているので、今年は7回目となります。
【スポンサーリンク】
注目の作品紹介

柳沼 至 「嵌合」 K402 日本画コース
 「嵌合」
[余談]
昨年、新しい職場で読み方を覚えた「嵌合(蓋)かんごう ふた
その漢字が、ここで使われていました!!

棚次 寛 「偽と棘」 K401 日本画コース
 「偽と棘」

井原育美 「七福亀」 H102 アートクリエイターコース
 「七福亀」
七福神を背負う巨大亀
素材:発泡スチロール・石粉粘土など

作家さんに聞く(2024.02.20.)
亀なので、鶴は?と思ったら、七福神の一人「福禄寿」の頭上に鶴がいました。

橋本悦司 「moratorium machina」 L棟 アートクリエイターコース
 「moratorium machina」
モチーフ「揺籠(ゆりかご)」⇒ これ、乗れるんです。(作家さんが在廊時間限定)
作家さんに聞く(2024.02.18.)
重量は? 人が6人で動かせる程度との事
 一人で持てる重さを体重の40%とすると180kgくらいかな。。。
卒展後作品は?解体?何処かの施設に寄附とか?
 取り合えず、作家さんが保管されるそうです。

中瀬萌香 「最愛」 X棟ギャラリーX メタル&ジュエリーデザインコース
 「最愛」
作品キャプションより:テーマ「生と死」「命の儚さ」
「愛鳥へ向けての弔いと旅立ちへ、目一杯の花畑と共にこの先の幸せを。」
鳥は鳩かと思ったら、オカメインコのようです。

加藤遼大 「紡ぐ昭和山道」 U101 スペースデザインコース
 「紡ぐ昭和山道」
副題:金華山へ登る柳ケ瀬商店街
コンセプト:「岐阜市の柳ケ瀬商店街を金華山に移して再整備を」
滅茶苦茶精巧です。気が遠くなるような作業

初日の平日という事もあって、館内はコースごとの講評会風景(作者解説)が見られました。
例年ですが、院生も含め、中国系の作家さんの作品が多いですね。

【地元紙紹介記事】(2024.02.23.) (クリックで開閉)

中日新聞朝刊


毎回、半日掛けて回るのですが、到底1日だけでは見切れません。[続く
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【ライフ】[催事]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【ライフ】[催事]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook