cinema-days 映画な日々

『オマージュ』

2024/02/27
イ・ジョンウン イ・ジュシル
オマージュ~ [DVD]~

オマージュ
発掘された古い映画の失われた音声の修復を依頼された
映画監督が、当時の関係者を訪ねる中で人生を見つめ直す...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:Hommage
【スポンサーリンク】
キム・ジワン(イ・ジョンウン)映画監督
 第三作「幽霊人間」不入り
 子宮筋腫 子宮摘出手術 担当医キム・ジノ(シン・ドンリョク)
 夫サンウ(クォン・ヘヒョ)家庭内別居
 息子ボラム(タン・ジュンサン)
プロデューサー セヨン(コ・ソヒ)資金底をつく

夫サンウ

ハン・ジュニョン(オ・ジョンウ)映画会社チーム長
 「女判事」再生依頼 1,000万ウォン
 吹替声優ヨンウ(キム・ヒョンテ)繋がらない展開に不平申し立て

ホン・ジェウォン(シルエット:キム・ホジョン 友情出演)監督
1960年代の韓国で2番目の女性映画監督
 娘の存在を内密にしていた

3作品「独り身の母」「女判事」他
・今回、見付かった映画「女判事」中盤から音が入っていない
・検閲で一部カット

監督の娘ミソン(チョン・エファ)
遺稿「お前はいつか消える。私のように」
製作メモ 1962.4.4.女性判事取材 4.12.脚本家に会う
台本見付かる 原稿を寄贈

明洞ミョンドン茶房 乙支路ビル
主人(ユ・スンチョル)元映画の写真撮影
卵入りコーヒー
空きっ腹には、コーヒーに卵を入れて飲む
 女性従業員(トン・ヒョヒ)

三羽ガラス
三羽ガラス
中:ホン・ジェウォン監督
右:パク・ナモク監督 韓国初の女性監督「未亡人」
左:イ・オッキ(イ・ジュシル)編集者 健在左足不自由
 音楽好き レコードプレイヤー
 「独り身の母」編集 ホン・ジェウォンからの手紙

帽子のフィルム繋ぎ再生
映画再生
「あなたは、生き残りなさい」

封切館紹介 1ケ月後取り壊し 電気止め 天井に穴
映写技師(チャンユ)40年勤め 看板「ベン・ハー」「レインボー」
オーナー 帽子工場失敗 帽子作りに廃フィルム流用

出演俳優生き残り(ハン・テイル 特別出演)
「私を連れてってくれ」・・・存在感が凄い
担当看護師(ク・ジャウン)

近隣駐車場で練炭自殺事件
隣室607号の女性(イ・ダヨン)ポストに郵便物溜まり
長期不在 帰宅・・・「ありがとう」

【 管理人のひとこと 】
キム・ジワン監督役イ・ジョンウンは、メリッサ・マッカーシータイプ?
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[ア行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[ア行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook