cinema-days 映画な日々

『スクロール』

2024/04/14
北村匠海 中川大志
スクロール~ [DVD]~

スクロール
就職したが死ぬ事ばかりを考える青年他、4人の若者が
それぞれ悩み苦しみながらも生きる姿を描く青春群像劇。

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:橋爪駿輝
【スポンサーリンク】
序章
「絶望のモボ」・・・「モ」=森 「ボ」=僕
最後の食事:カップ焼きそば
母からの手紙 燃やす
各章
CHAPTER01 「僕」
CHAPTER02 「ユウスケ」
CHAPTER03 「僕とユウスケ」
CHAPTER04 「菜穂」
CHAPTER05 「私」
CHAPTER06 「僕とユウスケと菜穂と私」
CHAPTER07 「僕と森とユウスケ」

僕(北村匠海)「誰かのためにできることがあると知った。」
 SNS「この社会で夢など見てはいけない」
 「コダマ、マジで死んでほしい」
 上司 コダマ(43)(忍成修吾)パワハラ解雇
  偏執的 放火爆破容疑で逮捕
 ポストに母からの手紙 ラスト母に電話

私(古川琴音)「いつ死ぬかわかんないしね、やりたいことやっておかないと。」
 僕のSNSに「いいね」退職し フリーのイラストレーター
 クライアント(五頭兵夫) 作品「火」をイメージ

僕と私

ユウスケ(中川大志)「生きてる意味 とか、わかんないんだよね。」
 テレビ局勤務 僕と同じ大学
 口説き文句「”彼女”より大事な”家族”」
 職場乗り込み カコ(國森桜) ×灯油 〇水被り
 上司 加藤(水橋研二)
 取材 生田教授(金子ノブアキ 特別出演)”単細胞”

僕とユウスケ

菜穂(松岡茉優)「わたし、幸せになれるかな。」
 市役所戸籍係 ユウスケと結婚の約束
 返事がないユウスケに包丁向ける
  腹に上司のくれた新聞紙挟み軽傷で済む
 母(宮田早苗)
 行きつけバーのママ モモ(MEGUMI)閉店

ユウスケと菜穂

森(24)(三河悠冴)パワハラで自殺
 一目惚れ ハル(莉子)ウエイトレス
  アイドル フォーシーズンズ 2022.9.25.飛び降り自殺
 母 彩子(相田翔子)
 「息子を死なせた会社と、会社の体質を作り上げたこの社会を、私は決して許しません」
  勤務先上司葬儀会場で3人土下座 損害賠償3,000万円要求
 ユウスケ「その社会ってやつの中に、自分は入ってるんですか? 自分に何ができたかとか考えませんか?」

【 管理人のひとこと 】
僕「死んでから縮まる距離があっていいと思う」

「私」のイラスト 迫力ありましたね。
「私」のイラスト
この作品も「私」のイラストだったのかな
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[サ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[サ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook