cinema-days 映画な日々

『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』

2024/04/20
久間田琳加 箭内夢菜
夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく~ [DVD]~

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく
マスクが手放せず、周囲の空気を読んで優等生を演じていた女子高校生 茜が、
自由奔放で絵を描く事を愛する同級生 青磁と関わる事で、本当の自分を取り戻していく...

個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原作:汐見夏衛
【スポンサーリンク】
2年B組 担任(今井隆文)
文化祭 第38回色葉祭 ラインダンス

丹羽茜(久間田琳加くまだ りんか)学級委員
 マスクが手放せず、周囲の空気ばかり読んでしまう優等生
 進学:相模原大学日文学科
TVドラマ『さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜』でティンパニを担当していた彼女だ!!注目
母 丹羽恵子(鶴田真由)茜が小学校の時離婚
義父 丹羽隆(吉田ウーロン太)喫茶サン
異父妹 玲奈(佐藤恋和)

クラスメイト
親友 立花沙耶香(箭内夢菜やない ゆめな雪の華』)

深川青磁(白岩瑠姫しろいわ るき)休みがち=小児癌サバイバー
自由奔放で絵を描く事が好きな銀髪高生
進路:海外留学
4月に廊下で擦れ違う「お前の事が大嫌いだ」

「時間は永遠じゃないから」
「時間が止まっている場所」=廃遊園地
「夕焼けって何色か知っている?」・・・赤・オレンジ・薔薇色→茜色 隣に青磁色

茜と青磁

「今までの人生で二番目に奇麗だと思ったのは空」
一番は小学校の頃に見た女の子(茜)の笑顔
「思う事があるなら、ちゃんと言えよ。行動で見せろよ」
屋上キャンパス→二人で朝焼けを見る

美術部 岡崎先生(上杉柊平 『サヨナラまでの30分』)
「皆が皆、成功するとは限らないけど、チャレンジしないと何も始まらないよ」

[五年後]
青磁の個展に茜が吸い寄せられ再会
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[ヤ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[ヤ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook