cinema-days 映画な日々

『毒舌弁護人~正義への戦い~』

2024/04/21
ダヨ・ウォン レンシ・ヨン
毒舌弁護人~正義への戦い~~ [DVD]~

毒舌弁護人~正義への戦い~
自らの浅慮で無実の母親を娘殺しの罪人にしてしまった
弁護士が、背後に蠢く陰謀に抗いながら正義と真実を貫いていく...

個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:毒舌大状

【スポンサーリンク】
ラム・リョンソイ(林涼水)(ダヨ・ウォン)怠慢判事異動辞令を機に弁護士に転職
 わいせつ物審査所への降格 判事席の内壁に「天に眼なし」
 相棒 フォン・カークワン(方家軍)(レンシ・ヨン)
 補佐 ソイ法官(ホー・カイワ)黒社会の“御曹司”

児童虐待事件
被告 ツァン・キッイ(曾潔兒)(ルイーズ・ウォン)禁固17年
 被害者 娘エルサ(7)手話

不倫相手7年 チュン・キンイ(鍾京頤)(アダム・パック)医師 財閥の入り婿
 出血多量のエルサに水飲ませ死に至らしめる
妻 チュン・ニンワー(鍾念華)(フィッシュ・リュウ)
 エルサを突き飛ばす
トン・ワイクオ(董衛國)(マイケル・ウォン)顧問弁護士10/17 AM10:30指南

検察官カム・ユンサン(金遠山)(ツェ・クワンホー)規則を重んじる
汚職取締官ロク・ティンハン(陸定恒)

2年後に再審
目撃者チャン・カウが末期癌 遺書に偽証を告白
ソイがチュン・ニンワーに電話 チュンの告白を盗撮・盗聴
チュン・キンイをペットボトルの件で追及

フォン・カークワン役レンシ・ヨンツァン・キッイ役ルイーズ・ウォンチュン・ニンワー役フィッシュ・リュウ

左から、女弁護士フォン役レンシ・ヨン 被告人ツァン役ルイーズ・ウォン 真犯人チュン役フィッシュ・リュウ

【 管理人のひとこと 】
タイトルから韓国映画かと思ったら、香港映画でした。
2023年の旧正月に公開。香港映画史上初の1億香港ドル(約17億円)を突破し、
最終的には22億円を記録 香港電影金像獎10部門にノミネートされた。(作品賞受賞)

そんなに上手くチュン・ニンワーの告白を入手できます??
脇役キャラ “御曹司” 検察官 汚職取締官もうまく配していました。
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【洋画】[タ行]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【洋画】[タ行]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook