『TUBE チューブ』

TUBE
『シュリ』のスタッフがおくる”地下鉄版『スピード』”。
「誰か何とかしてくれよ!」と叫びたくなる程、エンディングが哀しい。

個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑賞)

英題:Tube
余談 ・・・ 韓国の地下鉄は長く、ケイタイは余程、感度が良いようだ。
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年11月24日(土)02:00:06
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment