東野 圭吾 著 『幻夜』

幻夜
【単行本】
『白夜行』に続く、東野圭吾の傑作。
阪神淡路大震災('95)からミレニアム問題('00)まで
”美のブラックボックス”を完成させる為、男を翻弄する
悪女・新海美冬を描く。 ・・・・・ 是非、映画化を期待したい。

「あたしらは夜の道を行くしかない。たとえ周りは昼のように明るくても、
 それは偽りの昼。そのことはもう諦めるしかない。」
この作品は要所で映画を引用している。
死体処理場面 …『死の接吻』(マット・ディロン主演版)(’90)
卒業論文の題材 …『風と共に去りぬ』(’39)

作品内容は大震災版『ルームメイト』(’92)か!?
関連記事
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年10月13日(土)22:33:01
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment