cinema-days 映画な日々

第30回日本アカデミー賞ノミネート作品(2006年度)

2006/12/19
日本アカデミー賞
【最優秀作品賞候補】
明日の記憶』(堤幸彦監督)
男たちの大和 YAMATO』(佐藤純彌監督)
THE 有頂天ホテル』(三谷幸喜監督)
武士の一分』(山田洋次監督)
フラガール』(李相日監督)

授賞式は ’07.2.16.

武士の一分』の主演・木村拓哉は優秀主演男優賞に選ばれていたが、
所属するジャニーズ事務所の「他の優秀賞の人と競うことはしたくない」
との判断で辞退した。
【スポンサーリンク】
☆以下は、「なんでもたたむよ」を参考に
記事内で折り畳みを使ってみました。

最優秀主演男優賞候補
最優秀主演女優賞候補
最優秀助演男優賞候補
最優秀助演女優賞候補
 
cinema-daysを「人気ブログランキング」で応援cinema-daysを「にほんブログ村」で応援
【邦画】[アカデミー賞他]
関連記事
【スポンサーリンク】
同カテゴリ  【邦画】[アカデミー賞他]

コメント歓迎!! 0

まだ、コメントはございません。

comment form

コメントは承認制です。コメントツールバーは利用できません。
【お名前・URL・コメント本文】欄の入力は必須になっております。

更  新  順
Hiro
Author: Hiro
発信地:愛知県
TB・CM(承認制)・LINK歓迎
cinemadays on X(旧Twitter)
cinemadays on Facebook