市川 拓司 著 『そのときは彼によろしく』

そのときは彼によろしく
【単行本】
15年振りに再会する中学時代の友人
タイトルの「そのときは彼によろしく」は亡父から息子への伝言
遠山智史(29)…アクアショップ「トラッシュ」店長
 結婚紹介システム 柴田美咲(26) アロマショップスタッフ
 店員 夏目(26) 美咲の高校時代の同級生
 客 奥田 予備校生
森川鈴音(29)…モデル
 映画『タランテラ』東欧国際短編映画祭助演女優賞
 本名 滝川花梨 姉 森川鈴音20年間眠り
五十嵐佑司(29)…ゴミ山を描く画家「打ち捨てられた者たち」
 隣室 桃香(25) 輸入雑貨店

《 PickupWord 》
「私の頭の中は独裁政権よ。秘密主義が基本なの」
「たぶんOK。でも、保証書はなし。」

「この世界の幸福の偏在ぶりを見る限り、公平無私な神など
いやしないということは自明だった。あるいは、ひどく偏私で
気紛れな神ならばいるかもしれない。ならば、そいつに祈ろう。
依枯贔屓でもなんでもいいから、花梨の祈りを受け止めてやってくれ」
「はるか遠くまで見通せるようになり、その分だけ不幸になったぼくが、
先を見ようともしない彼らにきっと嫉妬しているのだろう」
「ぼくは忘れない。それが残されたぼくらにできる唯一のことだから」

映画化 》 配役はかなり若い
 遠山智史 … 山田孝之(23)
 五十嵐佑司 … 塚本高史(24)
 森川鈴音(滝川花梨) … 長澤まさみ(19)
  関連商品のご紹介
【スポンサーリンク】

最終更新日時: 2018年10月31日(水)22:53:24
ブログパーツ

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment